果物狩りを楽しむ、9月におすすめの「梨」「リンゴ」

果物狩りには、もぎたて新鮮で栄養価の高い果物を食べられることや、自分の手で果物を収穫する体験ができること、自然に触れられることなど、様々な魅力があります。この記事では、9月に果物狩りをする場合におすすめしたい果物、「梨」と「リンゴ」についてまとめます。

9月に果物狩りをするなら「梨」狩りがおすすめ

梨とは

梨はバラ科ナシ属の植物で、「和梨(日本梨)」、「中国梨」および「西洋梨」の3種類に大別され、食用として世界中で栽培されています。日本語で単に「梨」と言う場合はこの中の「和梨」を意味します。
和梨は果皮が茶色の「赤梨」と果皮が緑色の「青梨」の2種類に大別できます。どちらも独特のシャリシャリした食感がありますが、これはリグニンやペントザンという成分からできた「石細胞(せきさいぼう)」によるものです。
和梨の旬の時期は8~9月頃です。

美味しい梨の見分け方

果皮に張りがあり、手に取った時にずっしりと重みがあるもの、軸が太くて果皮の色ムラがなくふっくらとしたものを選びましょう。完熟した梨は果皮のザラザラが減ります。また、赤梨は熟すと果皮が少し赤みがかった色に、梨は熟すと果皮が黄色みがかった色になります。

梨の保存方法

乾燥を防ぐため、新聞紙で包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫に保存します。新鮮であれば7~10日ほどは日持ちしますが、できるだけ早めに食べ切るようにしましょう。

梨狩りができるスポット

・小川園

梨狩りでは「豊水」、「新高」を楽しむことができます。梨狩りだけでなく、ブドウ狩りも楽しむことができます。

<所在>
〒273-0128
千葉県鎌ケ谷市くぬぎ山4-4-3

<問合せ先>
電話 043855071
FAX 0473847472

<アクセス>
(1)新京成電鉄 くぬぎ山駅下車徒歩約3分
(2)北総公団線 大町駅より徒歩約8分

※観光バス用の駐車場が有ります。観光バス5台まで収容可能です。

<期間>
営業時期は8月下旬~10月中旬です。期間中は無休で、営業時間は午前9時~午後5時です。

<料金>
梨狩りは時間無制限食べ放題で、小学生以上が900円、幼児(3歳以上)が500円、3歳未満が無料です。おみやげの梨は1kgで600円です。

・白子果樹園

ブルーベリーの摘み取りと梨のもぎ取りができる果樹園です。梨は直売もしていて、直接来店すれば宅配での発送も可能です。

<所在>
さいたま市見沼区山240

<問合せ先>
電話 0486842326

<アクセス>
(1)JR 浦和駅東口よりバス「南台」行き乗車「南台」下車徒歩約5分
(2)JR 浦和駅より車で約20分
※無料の駐車場が有ります。

<期間>
梨狩りができるのは8~10月頃です。開園時間は午前9時〜午後5時頃です。不定休のため、営業日を事前に確認しましょう。

<料金>
梨狩りは入園無料で、もぎ取った梨は別途料金がかかります。

9月に果物狩りをするなら「リンゴ」狩りがおすすめ

リンゴとは

リンゴは、バラ科リンゴ属の落葉高木樹です。植物学上は「セイヨウリンゴ」と表されます。日本語においてリンゴは漢字で「林檎」と表されますが、この語は元々、同属別種の野生種ワリンゴの漢名です。ワリンゴは中国から日本に渡ったと推定されます。その後、西洋リンゴが西洋から日本に導入されると、西洋リンゴの方が一般的になったため、「和リンゴ」を「リンゴ」と呼び方を変えて区別するようになりました。
リンゴの旬の時期は10~3月頃ですが、スーパーなどでは1年中リンゴを見かけます。これは、「CA貯蔵法」という技術によるものです。家庭などで保存したリンゴをおいしく食べられる期間は1~2週間程度ですが、CA貯蔵法ではリンゴの呼吸を抑制しリンゴを仮死状態にすることで、リンゴは半年以上も鮮度を保ちます。

美味しいリンゴの見分け方

果皮に張りがあり、手に取った時にずっしりと重いもの、全体的に赤く染まっていて軸が太いものを選びましょう。リンゴの果皮がテカテカしていることがありますが、これは果実が分泌したろう物質で、果実が熟している証拠です。もちろん食べても問題はありません。

リンゴの保存方法

リンゴは、果実の成熟を促すエチレンという植物ホルモンを発しているため、リンゴの近くに置かれた果物は腐りやすくなってしまいます。そのため、リンゴを保存する際は必ず1つずつポリ袋などに入れて冷蔵庫に保存しましょう。

リンゴ狩りができるスポット

・長沼リンゴ園

長沼リンゴ園はブルーベリーやリンゴ、桃、ヤーコンを栽培している、摘み取りと直売を主体とした観光農園です。「できるだけ自然の循環に逆らわない。自然を生かす。」ということを基本方針としておられます。園に生える草を有機質肥料として利用し、除草剤は使用していません。

<所在>
〒300-1284
茨城県牛久市島田町1499-1

<問合せ先>
電話 0298750592
FAX 0298750580

<アクセス>
圏央道「阿見東IC」から約4km
※無料の駐車場が有ります。

<期間>
リンゴ狩りは9~11月頃まで開催されています。開園時間は午前9時~午後4時です。定休日は金曜日です。

<料金>
試食付きの入園料が中学生以上350円、小学生250円、幼児無料です。持ち帰りは別途料金がかかります。持ち帰りは1kg当たり450円です。

・桑原農園

桑原農園は6000坪の広い敷地内に様々な品種のリンゴが栽培されています。リンゴ狩りでは「つがる」や「あかぎ」、「陽光」、「群馬名月」、「王林」、「サンふじ」などの品種が楽しめます。これらのリンゴは無登録農薬を一切使用せずに栽培されています。売店では、リンゴ100%ジュースやふるさと特産品、自家製漬物なども販売されています。園内へのペットの入場が可能です。

<所在>
〒378-0002
群馬県沼田市横塚町74-1

<問合せ先>
電話 0278241855
FAX 0278242852
※桑原農園内の売店に繋がります。

ホームページ
※「お問い合わせ」に必要な内容を入力して問い合わせてください。

<アクセス>
関越自動車道沼田ICより車約3分
※普通車から大型バスまで収納できる大駐車場が完備されています。

<期間>
リンゴ狩りが開催されるのは9~11月頃です。営業期間中の営業時間は午前9時~午後5時です。不定休ですので、休業日はホームページなどで確認してください。

<料金>
時間制限なし、園内食べ放題の料金です。大人(中学生以上)は500円、子供(3歳以上)は400円です。持ち帰りは別料金となりますのでご注意ください。